B型肝炎への対策

B型肝炎の感染から深刻な大病にならないために検査と予防は大切です。B型肝炎にはワクチンが存在しており、注射による接種で免疫を高めます。

抗体が下がらないためには何回かワクチンを打つ必要があります。B型肝炎に感染している妊婦さんから生まれた赤ちゃんにはB型ウイルスが感染しないように早急に処置をとります。生まれてからすぐにB型ウイルスへの抗体をつくるものを注射します。

その後の検診によりB型ウイルスに感染していない場合は予防接種であるB型ワクチンの接種を赤ちゃんに行います。検査を受けてもしB型肝炎に感染し慢性肝炎などが分かった場合、特にいつもと体の不調が感じられなくても変化をする可能性を含むため、2~3カ月ごとの定期検診を受けて都度肝臓状態を知っておくこと良いです。

日常生活においても肝臓への負担をかけないことを心掛ける必要があります。毎日の食事は栄養バランスの良いものを摂り、飲酒は禁止です。B型肝炎ウイルスが体内にある人の場合、アルコールは少量でも肝臓に負担をかけ肝機能への悪影響となることがあります。

健康を促進する薬やサプリメントはB型肝炎の感染をした方にとっては肝臓に負担をかけるものもあることから摂取を自己判断ではなく必ず医師や薬剤師に相談することが望ましいです。

「検査」